高温浴

高温浴は42~45℃の熱めのお湯に入る入浴法。交感神経を刺激して活性化浴びるものの、42℃では10分間、45℃では5分間の入浴時間が適当とされる。熱すぎると感じた時折浴槽から出て、身体を冷やさないようにして再び入る方法で、交感神経の働きを高めておくようにする。
いきなり高温浴をすると皮膚温が上昇してしまり、お湯の熱が体内に行き渡りづらくなるため、40℃ほどの適温から徐々に皮膚音を温めて出向くのが順当としてある。

クレンジング酵素0のダイエット効果